横浜、鎌倉で伝統ある白無垢、地毛結いの和婚を叶えるブライダルサロン

ブログ
ブログ

Blogブログ

HairMakeマリンベルブライダル
のブログです。
    白無垢

白無垢の生地、柄について

ブログをご覧くださっている皆様、
いつもありがとうございます。
マリンベルブライダルでございます。

「白無垢」と一口に申し上げましても、
生地の種類も様々あり、更に柄にも意味があるというのをご存知でしょうか。
本日は「白無垢」の柄や生地についてご紹介をさせていただきます。

白無垢には本来「生まれ変わる」という意味があり、
結婚式で白無垢を着るということは
「結婚するまでの自身は一度死んで、新たに嫁ぎ先に染まる」
ということを表現していると言われています。

白無垢に使用される生地は絹が100%使用されている「正絹」と科学繊維が使用されている
ものの2種類に大きく分けられます。

正絹は天然素材が使用されているため、真っ白というより
少し黄色味のかかった柔らかい白色をしており、適度な柔らかさがあり
着心地が良いのが特徴となります。

柄としては、桜、菊、などの花柄、
鶴や鳳凰などの鳥の他
御所車や扇などバリエーション豊かな柄があり、
一つ一つに意味が込められておりますので、
それを確認しながら選ぶのも楽しみの一つかと思います。
おすすめ

以下の記事も
おすすめです
Recommend